プレコグループは、“新鮮食材のスペシャリスト”。
食品の『安全』を守り、『品質』を高め、
『鮮度』を保つために、
日本最高クラスの衛生管理システムを導入。
温度管理・品質管理・菌数管理を徹底し、
『安全』『品質』『鮮度』の高い食品を
毎日お届けしています。

ISO9001-HACCP取得

プレコフーズは、2004年9月、業界に先駆け品質管理の国際規格であるISO9001を、2007年4月には、安全な食品を確保するためのシステムであるHACCPの認証を取得いたしました。「ISO9001-HACCPシステム」を通じ、品質管理ならびに食品安全について継続的な改善を行い、お客様から最大の信頼と満足を得ることを目指しています。 ISO9001-HACCPシステムとは、業務の標準化ならびに継続的な改善を通じ、商品とサービスの質を安定かつ向上させ、顧客満足度を高めようとする国際規格ISO9001と、あらかじめ食品の安全性を脅かす危害を予測し、それを防止するための作業ポイントを管理することで、安全な商品をお客様に提供することを目指すHACCPを融合したシステムです。

日本最高クラスの衛生管理システム

作業室・鶏解体室を常時11℃に保つ
低温クリーンルーム化と、
理想的な低温殺菌洗浄システムを実現。
さらに食品と人の一方通行規制や
生産区域の分離を行うなど、
日本最高クラスの衛生管理システムを
導入しています。

詳しくはこちら